・こどもがつくるまちとは?

 

 

 「こどもがつくるまち」とは、 子どもが主役となり、働いたり、遊んだり、学んだりする仮想の街です。もともとドイツのミュンヘンで1979年に誕生した、教育に街づくりなどを取り入れたプログラムです。
 

・街のルール
 

 

 こどもがつくるまち@うらやすのルールはとても簡単です。街の入り口で住民登録をしたら、初めての子は学校に行って街の仕組みを学びましょう!お勉強が終わったら、早速街の為に、そして自分のために働きましょう!
 

・保護者の皆様へ
 

 

「こどもがつくるまち@うらやす」は小学1年生~中学生の子ども達が作り、子どもが活躍できる「仮想のまち」です。まちの中で、子どもたちは、自分で考え、お互いに協力しあい、自由に行動します。
 

・2017 シーズン1の様子
 

 

あいにくの雨の中にもかかわらず、朝早くからたくさんの子供達に市民登録に(遊びに!?)来て頂きました!
 

Instagram